どうも、Fライナーです。緊急事態宣言も大半の地域で解除となり、やっと夜明けが見えてきたような印象ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?今回も過去の旅行の思い出について語っていきたいと思います。前回までは寝台特急を追ったり乗ったりした話をしていましたが、今回はSLです。設定を間違えていたのか空が全部真っ白になってしまっていますが悪しからず。
2018年1月のある金曜夜、かつてBSフジで放送されていた「鉄道伝説」の大井川鐵道編を見ていたところ、ふとSLに乗りたいなと思い、別に何の気もなく独り言として口に出してみた所、せっかくなんだから行って来なと母親に唆され、運行を調べると明日土曜は運転日、さらに日曜は静岡鉄道で新車の公開イベントがあるということで、これは行くしかないと思い、急遽大きいリュックに荷物を詰めホテルを取り、翌朝父親と旅に出た次第です。
そんなわけで朝7時半に最寄りの西武線某駅を出発し、静岡に着いたのは早くも10:00過ぎ。
IMG_1731
東京ではもう見られなくなった並びもまだまだ健在。3両や5両で幹線を駆け抜ける姿は可愛さも感じます。
IMG_1737
先にEF210牽引の貨物が通過。よく見るとロンパス…?
IMG_1740

313系3両の浜松行きで金谷まで移動し、大井川鐵道に乗り換えSLの発車する新金谷へ向かいました。

IMG_1803
新金谷はSL発着駅ということで大変レトロな雰囲気を残し、SL待ちの乗客やツアーの大型バスが往来し1月下旬でもかなり賑わいを見せていました。駅中の土産店には鉄道好きでおなじみダーリンハニー吉川正洋氏や一発屋ワイルド芸人スギちゃんのサインもありました。
IMG_1763

新金谷駅横の広場より。やはり間近で見るSLは迫力があります。
IMG_1808


SLだけでなく南海ズームカーも現役の世界。なんとも言えない感動というか、なにか別の世界に迷い込んだようにも思われました。最初からこんな時代に生まれたかった…


IMG_1829
真冬の寒さを凌ごうとおでんを楽しめる座敷車が連結されていましたが、おそらくツアーで占領されていました。ということで指定の客車へ。しかしこの昔ながらの雰囲気には何度踏み込んでもただならぬ感動を覚えます。

IMG_1836

IMG_1835

IMG_1853

IMG_1843

IMG_1855

IMG_1858

できるだけ資源を節約するためか、車内の照明暖房が入ったのは出発直前でした。11:52、汽笛一声の後に少し間を置いてガコンと発車。加速は思いの外スムーズ。列車は大井川沿いにSLならではのゆっくりとした速度で一路千頭を目指します。車内では観光案内の女性が元気な声を響かせ、終始アナウンスに勤しんでいました。乗った車両は適度な混雑率で、土曜日の昼にふさわしくのんびりと時が流れていました。


IMG_1887

IMG_1904


IMG_1971

IMG_1978

家山を出て、塩郷駅先の吊橋を通過。過去にダーリンハニー吉川氏はCS,その他各地方局で放送の「鉄道ひとり旅」でここを訪れています。そちらも是非ご覧ください。

IMG_1907-1

大井川を何度も越え、名所をいくつも通り抜けあっという間に終点千頭に到着。千頭到着直前で発見したのですが、実は客車の扉は手動だったようです。乗客が誤って開けないように車内販売等を担当していたご婦人がドアの最前に立って管理していました。そのご婦人が到着寸前、まだ5km/hほどあった時にガバッとドアを開けてハイどうぞと言ったときにはびっくりしましたが。

IMG_2016

IMG_2048
運転台を少し覗かせてもらっているとすぐに後方に連結されていた補機の電機が機回し。渋い機関車の並びが見られました。これが西武から流れたE31だったらという理想は置いといて。

IMG_2042
大井川鐵道のもう一つの名物アプト式列車もSLからの乗客を受け更に山間へ向けて発車。発車ホームから何からおもちゃのようなスモールサイズで新鮮でした。
IMG_2117

IMG_2089

昭和の面影が色濃すぎます。これが2018年とはにわかに信じがたい。
ササッと駅前の立ち食いで昼食を済ませ、また中に入って撮影を続けていると、社員の方が熱心に客車を磨いていらっしゃいました。

IMG_2080

IMG_2109

この方、金谷の出札口で乗客を捌いたあと、SL車掌として千頭まで乗り込み、さらにこのあと転車台も扱っています。おそらく束の間の休憩時間であっただろうに、こうして客車を手入れしていらっしゃったのを見ると本当に頭が上がりません。心から鉄道を愛していらっしゃる方なのでしょう。このような方々の努力があって、旧型のおじいちゃん客車がきれいな状態で守られているということを忘れたくないものですね。

IMG_2054

IMG_2059

IMG_2122
さて、SLの転車→連結も見届けて、立ちっぱなしで撮影に動き回り疲れていたので、入線していた元近鉄16000系の普通金谷行きに乗車。
IMG_2135
元特急車なのに折戸でしかも乗降口との間に仕切りもないのにはびっくりしました。ただ昔ながらのふっかふかのシートは疲れた足に本当に癒やしになり、気づいたら眠りに落ちてしまいました。
なんとか目を覚まして新金谷で下車。後続のSLを撮影することにします。時間に余裕があったので新金谷駅向かいの資料館に入ると、こんな貴重なものが。
IMG_2159

IMG_2164

更に千頭方面行きの列車には夕刊が積んでありました。高崎線や宇都宮線でも見るやつですが、過疎地域かつ夕刊であるゆえ、規模は全然違います。

IMG_2156
駅の目の前には石炭の補給所もあり、土曜夕方にも作業が行われていました。
IMG_2170

IMG_2174

そうこうしてる間に上りSLも到着。夕日がいい色してます。


IMG_2214

IMG_2210
その日の夕食。静岡の海鮮は絶品でございました…

こんな形で駆け足でしたが大井川鐵道の旅が終わりました。走っている車両の数々は本当に希少価値が高くなり、保守面や部品取りでもかなり苦労しているでしょうし、さらにこの外出自粛ムードの影響でかなり運賃収入にも影響が出てしまっているのではないでしょうか。ちょうど編集を終えたタイミングでこんな情報も入ってきました。大井川鐵道様には貴重な昭和の鉄道遺産の数々を今後も守っていただきたいと強く願ってやみません。各地の貴重な住民の足が、鉄道遺産が、決して消えることのないように、大井川鐵道はじめ日本全国の鉄道に応援に行ける日が早く来ることを願って、今はお一人お一人できる事を続けていきましょう。当ブログへの掲載希望、ご意見ご感想等あればこちらまでお願いします。
それでは!